読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくの飛行機旅行記

弾丸旅行好きなわたしの旅の備忘録

ヘルシンキへの旅 1日目 〜国内線から国際線への乗り継ぎ〜

2016-10-08 更新

ヘルシンキへの旅立ちの朝。

待ち合わせは羽田空港・国内線第1ターミナルです!
あーこの風景、大好き!!


国内線でチェックイン

ん?国内線…??

はい。今回の旅は名古屋にある「中部国際空港 セントレア」から国際線・フィンエアーに乗り込む行程となってます。

あれ?フィンエアーなら成田からヘルシンキまで直行便が出てるけど…。

まぁ、安いツアーなので仕方ありません。


実は、以前、友人が関西国際空港から国際線に乗り継いだ際は羽田空港に2時間前にチェックインするように旅行代理店から指示があったと聞いていたので、ドキドキしていました。
でも今回旅行代理店からのチェックインの指示は、1時間前で大丈夫でした。
どうやら旅行代理店によって指示が違うようです。


ちなみにJAL国内線 - 乗り継ぎのご案内には30分前までにチェックインカウンターへと記載がありました。
抜粋するとこんな感じです↓

始発に乗って行けば余裕で間に合います!よかった!


夏休み真っ只中の羽田空港は、たくさんの旅行客でとても賑わっていました♪

ツアーのeチケットとパスポートを提示し、国内線ターミナル内にあるJALの国際線乗り継ぎ専用のチェックインカウンターで、国内線と国際線の分を同時にチェックインして頂きます。
(チェックインカウンターの写真を撮ったはずなのですが、見つかりませんでした。スミマセン)

夏休みで満席のため、席は3人バラバラとのこと。
「あ、全然、大丈夫です、名古屋まではあっと言う間ですから〜」
地上係員の方とそんなやりとりをしつつ、スーツケースを預けます。
名古屋経由でも、羽田からそのままヘルシンキまでお届けしてくださるそうで、ありがとうございます!

今回、国際線への乗り継ぎには85分しかありません。JALの指定している乗り継ぎ時間は70分なので割とギリギリです。

セントレア空港は国内線と国際線がセットになった便利な空港ですが、国内線の到着ゲートから制限エリア外の到着ロビーに出るまでがとってもとっても遠いのです。
預けたスーツケースを1度受け取って預けなおして出国手続きをしていたら、間に合わないかもしれない…と実は本気で心配していました。
スーツケースが乗り継ぎOKとなったことで、すごく気が楽になりました〜♪


カードラウンジ

無事に国際線までのチェックインが済んだので、さっさと保安検査所を通過します。
出発時間までまだたくさん時間あるねー、と話しながら歩いていると目の前にカードラウンジが!

「朝ごはん食べよー♪」

2人をラウンジに誘います。

事前にさりげなく、Aちゃんがエポスのゴールドカードを所持していることはチェック済み!

「え!わたしゴールドカードなんて持ってないよぉ〜?」っとドギマギしているMちゃんの分は、つい最近たまたま作っていたわたしのAMEXゴールドカードを活用します。
AMEXのゴールドカードって同行者も1名まで無料にしてくれる便利なカードです。

実は今回の旅行、AMEXカードがとても役に立ちました。たまたま作っててよかった〜(笑)


さて、カードラウンジに入室します!

こちらでのサービスは寛げるゆったりした空間と無料のソフトドリンクの提供が通常ですが、早朝に利用するとパンやベーグルのサービスがあります。(早い者勝ちです。数に限りがあり、当日に用意された分がなくなると終了してしまいます…)

今回は7時過ぎの利用でしたが、平日木曜日の朝でしたので、まだパンがありました!

2人も大喜び!


ラウンジで飛行機を見ながらカプチーノとパンの朝ごはん〜♪

朝から幸せ気分に浸ったところで、搭乗口へむかいます。

ここで、チェックインの時にJALマイレージバンクのリンク手続きを忘れたことを思い出し、搭乗口の係員の方に手続きして頂きます。
が、手続きできるのは国内線分のみとのこと。
セントレアで再度、マイレージチャージの手続きをするという任務が発生しました。
忘れないようにしなくっちゃ!


セントレア


さてまずは国内線に乗り込みます。



国際線仕様のため、SKYWARDが2種類♪

セントレア空港までは1時間弱、あっと言う間に到着です!


忍者がいる…

成田空港以外から出国するのは初めて!
ワクワク!!

続きます(笑)

スポンサーリンク