読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくの飛行機旅行記

弾丸旅行好きなわたしの旅の備忘録

ヘルシンキへの旅 〜トラム (路面電車) 編


トラムに乗ろう!

ヘルシンキのトラム(路面電車)は、東京の地下鉄をぎゅっとコンパクトにしたみたい。
中心街を縦横無尽に走っています。これにバス利用を追加したら無敵!!街中を自由自在に移動できます。



画像はヘルシンキ地域交通局 公式サイトより
Route maps | HSL

路線ごとに番号が振ってあり地図は色分けされているのでとてもわかりやすいですね!でも、よく見ると駅名そのものは似たような名前が多いような…

もし、フィンランド語表記のほうで判別がちょっと難しいと感じたら、スウェーデン語のほうを参考にされるとわかりやすいと思います。
車内でも駅名はフィンランド語とスウェーデン語が交互に表示されます。(フィンランド公用語フィンランドスウェーデン語です)


夜遅い時間以外、タクシーはほとんど見かけないなぁと思っていたのですが、同じ時期にヘルシンキを旅した友人がfacebookで「ヘルシンキのタクシーは高級車・ベンツばっかり」とコメントしておりました(笑)

実際、タクシーはかなり割高な印象ですし、よほど公共交通機関が嫌いな方でない限り、ぜひトラムを活用することをお勧めします。



ヘルシンキ中央駅前


トラムの駅に着きました。

電車があと何分で次の電車がくるか表示があります。最近は日本でもバス停などでありますが、本当に便利〜♪


拡大するとこんな感じ!わかりやすい!

この掲示板の写真は土曜日の早朝のものですが、週末の朝でもこのくらいの間隔で運行してくれてます。
ホテルが中心から少し離れていたので、とても助かりました。

しかもトラムはとても正確な時間にやってきます。
日中は3〜10分間隔くらいで走っているので、特に時刻表など気にしなくても待ち時間のストレスなく利用できます。東京にいるのと変わらない感覚で公共交通機関を利用できるのは本当に安心感があります。

電車が来ました♪

なんかデジャヴ?日本の路面電車もこんな感じ?


東京にも一部路面電車が走っていますが、わたしの生活圏ではないため、路面電車って特別な乗り物って感じでワクワクします♪


トラムの乗り方

乗り方はいたって簡単です!

チケットを事前に入手しておき、行き先を間違えないよう気をつけながら目的の駅に向かう番号の列車を選んで乗り込むだけです。

2016年8月現在、8ユーロで1日乗り放題になりますので、ストレスなく移動するためにはぜひ1dayチケットを日数分購入してしまいましょう!

わたしたちはヘルシンキに着いたその日に3dayチケットを購入しました。
紙のチケットは自動販売機で買った時間から、カードタイプは最初に電車やバスに乗り込んだ時間から、24時間単位で1日とカウントされます。ですので滞在が4日だとしても、実質72時間であれば3dayチケットでOKです。(今回は3泊5日の旅です)


ヘルシンキ・トラム きっぷの買い方・乗り方 : 近代文化遺産見学案内所
乗り方の詳細は上記のブログで事前に勉強させて頂きました!とても詳しく書いてくださっています。


トラムは連携された2両編成でどのドアからでも乗れ、どのドアからでも降りれます。

いろいろな路線が通る駅から乗車する場合は、電車が入ってくるときに手を上げて、運転手さんに合図をした方が確実です。駅に人がいても乗る気配がないと素通りされてしまうこともあります。

また、降りる時は手すりに設置されているボタンを押せば止まってもらえます。
バスに似たシステムですね〜


結局、今回の旅では運転手さんにチケットを見せることは1度もありませんでした。
お互いの信用が大切!素敵!
フィンランドの方々の心の豊かさを感じます。

でもいつ改札されるかはわからないので、チケットは常に持ち歩きましょう〜!



車窓から



クモの巣のように張り巡らされた架線も素敵


今回の旅は、本当にトラムなしではあり得ませんでした。いつでも快適に目的地に連れて行ってくれたトラムさん、ありがとう〜♡


次回はホテルのお話です♪

スポンサーリンク